「 店販のコツ 」一覧

お客様のために店販に取り組んでいる美容室のリピート率が高い理由

はい!どーも♪
サロンアシスト石山です。

そば屋さんで飲むビールって格別な旨さですよね。 この中瓶がいいんですよ^^

img_4308

そういえば昔々、僕が会計事務所に勤めてたときの話ですが、顧問先のスナック経営者宅に昼間おじゃましたんです。

社長はお風呂あがりで、ビールを美味しそうに飲んでました。

そのときに、このように教えてくれたんです。

「石山くん、ビールはね、中瓶が一番うまいんだよ!小瓶じゃ物足りないし、大瓶じゃぬるくなっちゃう。だから本当にうまいビールを飲みたかったら中瓶にしなさい!」

当時は私の若かったので「社長、大瓶じゃないと僕は物足りません」と生意気に言い返していましたが、私もオジサンになりまして中瓶の魅力に納得なんであります。

ところで人間の記憶って、こういう何でもないようなことをとく覚えてるもんですよね。

店販売上が高い美容師さんのリピート率ってどうなの?

店販って諸刃の剣なんです。だから取り扱いには注意が必要です。

どういうことかと言うと、

商品を売ったらお客様が来なくなった。
商品を売ったらお客様の来店間隔が短縮してきた。

この2つの側面があります。

どうです?どちらか、これまで経験ありますか?

もし経験したことがあるなら話は早いです。

なぜ、商品を売ったらお客様が来なくなった?

簡単にいうと「商品の押売り感」がハンパなかったということです。

お店のため、自分のために、商品を売り込もうと、焦れば焦るほど、このような結果になりがちです。

こういうときは、ついつい一方的に話してしまうし、顔も目も恐いんですよね。

お客様にとってみれば「嫌な経験」をしたので、商品も買わないし、お店にも足も向かなくなっちゃうこともある。

さらに「あの美容室、売り込みキツイ」などの悪評でも流されたら、まさに踏んだり蹴ったり。

つまり商品、それ自体を売り込み続けると、お客様がいつの間にか消えていくのです。

なぜ、商品を売ったらお客様の来店感覚が短くなってきた?

しかし、こちらはどうでしょうか?

商品を売る。ここまでは同じですが、結果が違います。

なぜ違うのかというと、売り込んでいるのは商品ではなく、これらの「お客様の未来」なんです。

・もっとキレイになりますよ!
・もっとカワイクなりますよ!
・もっと若々しく見えますよ!
・もっとカッコよくなりますよ!
・もっと男前って言われるますよ!
・もっと幸せになって欲しいんです!
・もっと自信が出てきますよ!

今の悩みを解決して、いつまでにどうなりたいか?

「お客様の美容モチベーションを上げて、目標設定をする」すべての提案はコレ1本。

そして最短で目標に近づくために「今日、サロンでコレをして、自宅ではアレをしていきましょう!」と美容の師匠である美容師のあなたが導いていく。

お客様にとっては「ワクワク・ニヤニヤな経験」ですから、買った商品を見るたび「ワクワク・ニヤニヤ」してしまうのです。

そうすると、どうなるか?

購入した店販商品をクローゼットの奥にしまいこんだり、コッソリと誰にも見つからないように隠す人は、ほぼいないでしょ。

普通は、お風呂に、洗面台に、バッグの中に置くはずです。

すると毎日使うたびに「ワクワク・ニヤニヤ」してくる。

そして、ここからが大事なところ。

「ワクワク・ニヤニヤ」しながら、この商品を勧めてくれた「あ・な・た」の顔「あ・な・た」の声「あ・な・た」の導きを思い出しちゃうのです。

これって、すごくないですか?

美容室にある店販商品が、お客様のご自宅で、あなたのポジティブな思いを、毎日、お客様に語りかけてるのです。

これほどの広告効果(あるいは集客効果)があるでしょうか?

だから、私。セミナーや講習で、こちらを口酸っぱく言ってるんです。

「店販は単価アップのためにしたら、ボディーブローのようにジワジワとお客様がいなくなるよ。」
「店販は再来アップのためにやるんだよ。これ使って、さらにキレイになって、また来てくださいね!という思いでやれば、お客様が増えていくよ」

ぜひ、やってみてください。

みんな、がんばれー!

 

 

【人気メニューが期間限定で復活しました】
◎スポット物販コンサルティング
この70分間は、あなただけの時間です。