サロン店販の2大ダメダメアプローチ!

はい!どーも♪
サロンアシスト石山です。

昭和世代だからかもしれんけど。

僕はやっぱり東京タワーが好き!

tokyotower

特に夜は、色っぽいよね~。

うーーーん、素敵~♪

サロン店販のダメダメアプロ―チ(その1)

まず、はじめのダメダメアプローチね。

それは「一方的に説明しまくるアプローチ」です。

これはですね、商品についてちゃんと勉強している人や、専門知識が豊富な人ほど、やらかしてしまいがち。

自分は、これでもか!これでもか!と熱をこめて説明しますが、肝心のお客さんが置いてきぼり。

あ!そういえば日本昔ばなしで「おいてけ堀」って話ありましたね。「おいてけー!おいてけー!」

おっと、話を戻します。

なので、商品説明するときは、お客さんがちゃんと話についてきてるか確認しましょう。

サロン店販のダメダメアプローチ(その2)

次の店販ダメダメアプローチです。

はい、コレ!「お悩みを聞いたつもりになっている」

これも売れないんですよね。

「髪(お肌)のお悩みとか、ありますか?」と聞くとします。

で、お客さんが「はい。乾燥が気になる」と答える。

それならと、「じゃあ、もっと保湿した方がいいから、コレなんかいかがですか?」と早速、提案。

で、お客さんが「いや、ちょっと考えさせてください」と、やんわり断る。

あれ?なんで断るの?と、少しガッカリ。モチベ2レベルダウン↓

これと似たような経験、今までありませんか?

お客さんのお悩みは聞いている。しかし聞きが甘いのでは?

聞いたつもりになっている。これが原因。

お悩みがわかったつもりになって、すぐに解決策を提案しちゃうと、お客さんが「は?まだ全然こっちのこと理解してもないのに、もう売り込み?」という表情を見せるときがあります。

これでは、売れません。

お客さんの中で、まだ“伝えた感”が十分じゃないからです。←ココ、とても重要です。

“伝えた感”が十分かどうか、意識しながらお客さんのお悩みを聞いてみてください。それだけでも、かなり結果が変わってきますよ^^

はじめは意識しながら。続ければ習慣になる。

習慣になると、無意識で身体が動くようになります。だからこそ、毎朝の音読って大事なんだと思います。

世界的に有名な音読は、リッツカールトンホテルのクレドカードですよね。

ぜひ、あなたのサロンの毎朝音読を早速作りはじめてみませんか?

こちらも参考にして頂けたら幸いです。

音読しよう♪「サロン物販 11の心得」

salon11

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする