「美容師は美容の師匠」と胸を張って前に進もう!

はい!どーも♪
サロンアシスト石山です。

私のマミー(母)は昔々、美容師でした。美容師の国家資格を持っています。

IMG_3984

25歳でお店任されて、親より年上のお客さんから「先生!先生!」って呼ばれてたのよ~!大晦日は一晩中、アップのお客さんがいて新年迎えてたのよ~!と超ドヤ顔で自慢します。

25歳で先生!先生!と、人生の先輩方から呼ばれる毎日。

どんな気持ちだったのでしょうか?

あれから50年が過ぎ、そろそろ美容業界がクルリンパする気がしてなりません。

それは原点回帰。いや、さらにレベルUPした『ネオ原点回帰』の始まり。そんな予感がしています。

あなたも、持ってますか?

もし、あなたが美容師の資格を持ってるのなら、私のマミーと同じですね。

あとは、美容師の資格をどう活かしながら、どのような人生を歩みたいのか?の考え方と行動力で、それぞれの道ができていくのだと思います。

では、どんな考え方をして、どんな行動をすればいいのか?

誤解を恐れず、私の意見を書きますので参考になれば嬉しいです。

いつもセミナーでも話していること

ところで一つ、お聞きしたいことがあります。

「美容師が働く環境は大変ですか?」

img_1934

ほとんどの方は「大変だよね」「今も大変だけど、これからはもっと大変になると思う」という答でした。

確かに、大変です。

この「大変」という言葉を誰もが口にするようなときは「大きく変えろ」というサインだと言います。

これまでの考え方、やり方を「大きく変えろ」、さもなければ先に道はできず、自滅する。という自然界の法則なのです。

例)恐竜の絶滅、過去の幕府や政府、飛脚の仕事、e.t.c…

ならば、何を大きく変えるのか?

それがこの3つです。

1.自分の考え方

2.自分の行動

3.お客様からの評価

大きく変えよう!セルフイメージと仕事のやり方

こんな風に変えてみてはいかがでしょうか?

1.自分の考え方

美容師は美容の師匠です!日々、私は師業に取り組みます。

2.自分の行動

ホームケアの指導とアフターフォローを徹底して、お客様の美意識を上げ、さらなる信頼関係をつくります!

3.お客様からの評価

技術者ではなく、美容師として評価をして頂けるお客様をたくさん増やします!

技術者ではなく、美容師?

お客様がサロンに来店されたときの満足だけではなく、自宅でのケアやスタイリングでも満足させることが出来る存在。それが師業に取り組む『ネオ原点回帰』の美容師像です。

そのためには、まずホームケアの指導、つまり店販をがんばっていきましょう!
商品を購入頂けたら、アフターフォローを徹底して、お客様の美意識を上げていましょう!
そして、お客様からは、こんな言葉を頂きましょう!「あなたは私の美容の先生だから、いないと困ります」

どうですか?いい感じじゃないですか?

まずは「私は美容師。美容師は美容の師匠。日々、師業に取り組んでいます」を口グセにするところからスタートです。

みんな、がんばれー!

【人気メニューが期間限定で復活しました】
◎スポット物販コンサルティング
この70分間は、あなただけの時間です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする